店舗内装にこだわることで得られる重要なメリットは?基本とテクニックなどをご紹介します!

このサイトでは、内装にこだわることで得られる重要なメリットや基本とテクニック、長く滞在してもらえるような内装、店舗内装を武器に利益を上げるテクニックなどについて紹介しています。
お店をオープンさせるために必要なのが内装デザインを決めることです。
内装デザインが上手く行けばビジネスの成功にもつながります。
このサイトで紹介されている内装についての重要な情報やテクニックなどを参考にし、ビジネスを成功させましょう。

店舗内装にこだわることで得られる重要なメリットは?基本とテクニックなどをご紹介します!

店舗内装にこだわることで集客効果を得られるメリットがあります。
集客力を向上させるには店舗内装のデザインにも力を入れる必要があります。
集客力を高めるには、お店の前を通りがかった人が中をのぞいた時に、「気になる」「入ってみたい」と思えるような内装にすることが重要で、特徴的なデザインや個性的な内装にすることで他のお店と差別化をすることが出来ます。
「SNS映えしそうなデザイン」を取り入れればより多くの若い層を取り込めたり、「面白い」「利用しやすい」などのイメージが湧くような雰囲気にすれば、来店してもらえる確率もより向上します。

顧客の目を引く店舗内装のデザインとは

店舗運営で商売をしている方にとって店舗内装は顧客の目を引くようなデザインに仕上げることで、集客力を高めると同時に利益アップに効果を発揮します。
DIYでの作業ではできる範囲が狭くなってしまうので、店舗内装を得意にしている専門会社に依頼をすることも必用です。
目を引くデザインを作り出すには、まずは道路側、若しくは通路側から店舗の奥を見ることができるように工夫をし、壁側にお洒落なLEDバックライト式の立体看板や立体ロゴを完備させる方法も効果的です。
バックライトだけではなく立体看板そのものがLEDのライトによって点灯させることができるタイプでも、デザインさえ良ければ目を引く看板として使えます。
お店のジャンルで違いはありますが、商品を販売する店舗内装では正面側のガラス窓には商品見本を展示させる方法があり、単に棚を設置して上に飾るというだけではなく、商品が最も魅力的に見えるように、背景のボードや照明器具、陳列する商品に合わせた什器を採用することで顧客の目を引くデザインに仕上げられるのではないでしょうか。

インスタ映えをすることで店舗内装の効果を引き上げるデザインとは

インスタ映えといえば今やどのお店も意識していることですが、具体的に店舗内装の効果を引き上げるデザインについては誰もが気になるところではないでしょうか。
店舗内装はSNSに写真をアップする人達にとって、いわば被写体の背景となる重要な要素です。
インスタ映えしやすいのは、色使いが派手なこともポイントの1つですが、他店とは違う色や柄を採用しているかどうかも大事です。
また被写体よりも目立ちにくく、主役を引き立てるような色使いも大切な要素となります。
写真で見ても映えて実際に足を運ぶともっと魅力に感じられる、そういう店舗内装こそが理想的だといえます。
ただ、派手目な色を採用するだけだと一時的な話題性でいずれ飽きられてしまいますから、一過性にならないように注意が必要です。
話題が話題を呼んで一度は足を運んでみたくなる、そういうデザインや雰囲気を感じさせる店舗内装が映えるかどうかの分かれ道で、鍵を握るポイントになるのではないでしょうか。

維持管理がしやすい店舗内装の仕様について

店舗内装は作って終わりではなく、そこから作り上げた環境をしっかりと維持管理していけるかどうかも重要になってきます。
したがって管理面での利便性も考慮した内装であることが大切です。
ポイントのひとつは清掃の行いやすさで、日々のメンテナンスの負担が少ない素材やデザインであることで衛生面も楽に保つことができます。
特に不特定多数の出入りがある店舗は汚れも目立ちがちですので、清掃の難易度だけでなく目立ちにくい色合いを選択するのもポイントと言えるでしょう。
修復や交換のハードルが低い店舗内装も、維持管理の負担が少なめで済みます。
例えば一般的には扱っていない建材を多用すると、修復などが必要になった時の対処も速やかに行えませんしコストも掛かりがちです。
劣化が早い箇所は対処のしやすい素材を使うなどの工夫も必要です。
利便性の高い間取りかどうかもポイントでしょう。
例えば収納が少ないと散らかってしまう上、普段の掃除も手間が掛かりです。
また、乱雑な環境が顧客の目に触れてしまうのも良くありませんので、すっきり整理できる内装を心掛けたいところです。

環境にやさしい店舗内装の設計について

SDGsが問題となっている今、できるだけ環境に優しく長く使える店舗にしたいという思いが強いはずです。
そこで、店舗内装にもこだわることが大切です。
環境に配慮した店舗内装にすることで、地球にも優しいのでエコの面で貢献できます。
もちろんそう簡単に店舗内装が行えるわけではありませんが、事前に担当者としっかりと話し合いをすることでミスマッチを減らせます。
そろそろ店舗が老朽化してきて、内装を考えているという方は多いのではないでしょうか。
その場合には、店舗内装のリフォームを行うのも方法です。
エコな生活ができるように、SDGsを意識しながら考えるのがベストです。
外装だけでなく、内装にもしっかりとこだわりエコに配慮しませんか。
そうすることで、店舗の評判が良くなりお客さんが増えるかもしれません。
リフォームを検討中の方でしたら、一度業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
良い業者が見つかれば、きっと満足度が高いはずです。

著者:早川忠雄

筆者プロフィール

北海道札幌市生まれ。
店舗内装で利益がアップしました。
ここでは経験を基に、情報をまとめていきます。
札幌の店舗内装